UniFi Protectネットワークビデオレコーダー

どこからでも、どの端末からでも瞬間を見逃しません

UniFi Protect NVRはUniFi ProtectカメラおよびUniFi Protectアプリと連携するように設計された強力で柔軟な統合IPビデオ管理監視システムです。

UniFi Protectの構成方法


UniFi Protectネットワークビデオレコーダー モデル名:UNVR

エンタープライズネットワークビデオレコーダー、15台のカメラに最大30日間の4Kビデオストレージ、または50台のカメラにフルHDビデオストレージを提供可能

UniFi Protectネットワークビデオレコーダー モデル名:UCK-G2PLUS

ビデオストレージ用の1 TB HDDを備えた、完全に統合されたUniFi®ネットワークおよび保護コントローラー。5 TBまでアップグレード可能。

中小規模のセキュリティカメラの管理に最適なNVRです。新しいマルチアプリケーションUniFi Cloud Key G2 Plusを使用して、UniFiネットワーキングデバイスとビデオデバイスを同時に管理します。Cloud Key G2 Plusは簡単に導入できるように設計されており、UniFiモバイルアプリケーションを使用してBluetooth経由ですばやく構成できます。フロントパネルディスプレイには、UniFiネットワークハードウェアとUniFi Protectビデオカメラの重要なシステム統計が表示されます。内蔵バッテリーは、電力損失に対する保護を提供します。ビデオストレージとして1TB HDDを標準搭載し、最大5 TBまでアップグレードが可能です。また、カメラの管理に加えUniFiネットワーク(Wi-Fi機器、ネットワークスイッチ機器)も管理できるためネットワークの統合に最適な1台です。

 

- UniFi Protectビデオ監視ソフトウェアが含まれています

- UniFi SDNネットワーク管理ソフトウェアが含まれています(Wi-Fi、ゲートウェイ、ネットワークスイッチ等のUniFiコントローラー)

- UniFiおよびUniFi Protectモバイルアプリによる簡単なセットアップ

- 802.3af PoEによる給電

- 自動安全シャットダウン用の内蔵バッテリー

- 1TB 2.5インチHDDが含まれています(5 TBにアップグレード可能)

- システムの詳細が一目でわかるフロントパネルディスプレイ

UniFi Protect ViewPort PoE モニター出力アダプター

UniFi Protect ViewPortはUniFi Protectカメラの映像を常時モニタリングすることができます。UniFi ProtectカメラのフィードをHDMIケーブルを介してディスプレイ表示します。本体はPoE給電により電源供給され、カメラをホストするローカルネットワークに接続すればHDMIを介してすぐにディスプレイに接続します。UniFi Protect ViewPortは、毎秒30フレームの4Kビデオ出力を提供します。

 

特長

- HDMIを介してディスプレイへUnifi Protectカメラの映像を表示

- 最大16台のIPカメラを同時に表示

- UniFi Protectシステムによる簡単なセットアップ

- 最大1 GbpsのPower over Ethernetを搭載

- 最大4K @ 30 fpsのHDMIビデオ出力